頭皮湿疹の原因を理解して適切な対処を致しましょう

頭皮湿疹の原因は皮脂の過剰分泌から発生します

頭皮湿疹とは、頭部や髪の生え際にできる湿疹ですが、フケや痒み、赤みをともなう非常に煩わしい病気です。
このしっしんは「発症に至る複数の要因が様々に絡み合っている」ため、なかなか一つの原因には絞れません。

 

頭皮湿疹の一番の原因は皮脂の過剰分泌によるカビの増殖です

それでも、頭皮湿疹の原因として、一番に多いのが脂漏性皮膚炎(しろうせい ひふえん)と呼ばれる皮膚炎です。

 

脂漏性皮膚炎とは、脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)とも呼ばれ、頭部に分泌される過剰な皮脂によって引き起こされるおそろしい病気です。
ちなみに、頭皮湿疹を発症した方の約半数以上がこちらが原因と判断されています。

 

しかし、なぜ脂漏性皮膚炎(しろうせい ひふえん)になったのか、その根本的な原因は様々な要因が考えられられるため、一概にどれとは言えないのが実際ですが、これらさまざまな原因によって頭皮に過剰分泌された脂分が湿疹を引き起こす事は間違いありません。

 

概ね、規則的でない生活、睡眠が足りていない日常、食生活の乱れ、毎日のストレスなど、さまざまな要因によって、頭皮に過剰な脂分が発生し、毛穴がつまり、やがて湿疹を引き起こすという感じです。

 

毛穴につまった脂分は、ヒトの体(頭部にも)に常駐する「マラセチア」というカビの一種の増殖をも引き起こします。これで湿疹が発生しないわけはありませんよね。

 

皮脂分泌が引き起こすトラブルは本当に怖いです。





頭皮湿疹とアトピーの関係について

頭皮湿疹になる原因として、先に上げた脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)以外にも、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

 

こうした事例の場合は、「抗ヒスタミン剤」や「ステロイド剤」などで改善できる可能性があります。

 

アトピー性皮膚炎や頭皮湿疹は、もともと遺伝で体質的になりやすい人もいますが、やはり脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)や接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)などがどうして発症するのかというと、その根本的な原因としては、頭皮環境の悪化や、生活リズムの崩れが挙げられます

 

頭皮もちゃんとしたケアが必要です

人の体は全て皮一枚

髪の毛で覆われていて、気づきにくいですが、ヒトの体はすべて皮1枚でできています。

 

ついついシャンプーをつけて、爪でゴシゴシしてしまいがちですが、頭皮も顔も同じ皮膚なので、やさしく洗わないと皮膚が傷ついてしまいます。
毎日のスキンケアと同じように、頭皮のケアもきちんと考えるべきです。

 

頭皮湿疹の一番の原因は皮脂の過剰分泌によるカビの増殖です

 

一度でも頭皮湿疹になってしまうと、治療には短くとも数ヶ月単位の時間を要することが一般的です。

 

そのため、予防また治療のためには、規則正しい生活と、食生活、そして毎日の頭皮のケアが大切です。

 

ただ、実は私も軽い頭皮湿疹に前々から悩まされていたのですが、あるシャンプーに変えることでなんと頭皮湿疹が改善したのです!

 

私は運動したり、お酒を飲んだりすると頭が痒くなっていたのですが、ずっと「血行がよくなったせいだ!」とおもっていたのですが、エステサロンや美容室にうっている「フケ・かゆみをおさえる医薬部外品のノンシリコンシャンプー」を使う機会があったので、それを使っていたら、しばらくして本当に湿疹がなくなったのです♪

 

私の場合は頭皮環境を改善することでよくなったんですね。♪

 

こちらの記事もチェックして下さい。

辛い痒みについて  抜毛・脱毛について 今年の日焼け止めはこれ!日焼け止めラノンケミカルランキング

更新履歴